【盛岡駅発着】世界遺産「御所野遺跡」と北三陸周遊の旅2泊3日

スマホアプリ北いわてMaaSでお得な「きたいわてぐるっとパス」を利用~北いわて・三陸を巡る、食べる、泊まる、旅の楽しさ満載!                

スマホアプリ「北いわてMaaS(マース)」が登場!お得な「きたいわてぐるっとパス」乗車券(大人5,200円)を利用、盛岡駅発着~二戸~久慈~宮古周遊の旅が円滑にできるようになりました。北いわてを代表する世界遺産「御所野遺跡」の見学や北三陸久慈・宮古地域はこれからが冬の味覚シーズン!乗って、歩いて、見て、食べて、泊まって北いわて・三陸周遊の旅を満喫しましょう!

  • 久慈市
  • 宮古市
  • 自然
  • 三陸鉄道
  • 三陸ジオパーク
  • 観光スポット
  • ホテル/旅館

◎スマホアプリ北いわてMaaS(マース)で「きたいわてぐるっとパス」を購入で、円滑な旅の移動が可能になりました。

  

※スマホアプリ北いわてMaaS(マース)の取り扱いはこちら↓↓

https://iwatemaas.jp/

きたいわてぐるっとパスの詳細は⇒/uploads/contents/pagecontents_0000004734_00/きたいわてぐるっとパス.pdf

<モデルコース例:北いわて三陸周遊の旅2泊3日>

【1日目】盛岡駅(9:15発)➡➡(IGRいわて銀河鉄道)➡➡(10:16着)一戸駅==(タクシー約10分)==世界遺産御所野遺跡見学==(タクシー)===一戸駅(12:12発)➡➡➡(12:18着)二戸駅--(なにゃーと物産センター)---二戸駅前(14:15発)===(JRバス東北スワロー号)===(15:25着)久慈駅--(徒歩8分)---道の駅やませ土風館----久慈市内宿泊【夕食:北三陸磯料理魚棚(うおんだな)】

※世界遺産「御所野遺跡」の詳細はこちら⇒https://goshono-iseki.com/index.html

   

(一戸:世界遺産御所野遺跡/久慈:やませ土風館(久慈まつり山車)/久慈:魚棚(北三陸磯料理)

※久慈市内の宿泊・食事等の詳細はこちら⇒https://www.kuji-kankou.com/hotels

【2日目】久慈駅==(タクシー約15分)==9:30久慈琥珀博物館11:00==(タクシー)===久慈駅(12:00発)➡➡(三陸鉄道)➡➡(12:23着)野田玉川駅--(徒歩約15分)--マリンローズパーク野田/涼海の丘ワイナリー--(徒歩約15分)--野田玉川駅(14:46発)➡➡➡➡(三陸鉄道)➡➡➡(16:00着)宮古駅==宮古市内宿泊

  

(久慈琥珀博物館/マリンローズパーク野田/涼海の丘ワイナリー)

<こたつ列車乗車コース:12/18~3/27※土休日運行>

久慈駅==(タクシー約15分)==9:30久慈琥珀博物館11:00==(タクシー)===久慈駅(12:00発)➡➡(三陸鉄道:こたつ列車)➡➡(13:25着)新田老駅---(徒歩約5分)--道の駅たろう--(徒歩約15分---三王岩--三王園地---(徒歩約15分)---道の駅たろう--(徒歩約5分)-新田老駅(15:38発)➡➡(三陸鉄道)➡➡(16:00着)宮古駅

※こたつ列車の詳細は⇒https://www.sanrikutetsudou.com/?p=15904

  

(三陸鉄道こたつ列車/津波遺構たろう観光ホテル/三王園地)

※宮古市内の宿泊情報はこちら⇒https://www.kankou385.jp/stay/

【3日目】宮古駅(9:00発)==(路線バス)==(9:13着)浄土ヶ浜ビジターセンター--(徒歩)--浄土ヶ浜フィールド散策(御台場展望台/宮古港海戦記念碑/奥浄土ヶ浜/蛸の浜)---奥浄土ヶ浜(10:50発)==(路線バス)==(11:12着)宮古駅--(昼食・魚菜市場/パティスリーレドシェーブルなどショッピング)---宮古駅発(14:45発)===(106特急バス)===(16:20着)盛岡駅

  

(御台場展望台からの絶景/奥浄土ヶ浜/蛸の浜)

  

(宮古市内:魚菜市場/パティスリーレドシェーブル(ヤギミルクスイーツ)/ポストベーカリー(ヤギミルクパン)

※掲載の写真はすべてイメージです。

1. 道の駅くじ やませ土風館  《土の館&風の館》

まめぶ汁も楽しめるレストランもある、久慈のお土産が一堂に揃う観光拠点。秋に開催する久慈まつりの大きな山車も展示しております。

《風の館・観光交流センター》

 [206KB]   [114KB]

久慈秋まつり御囃子実演<休止中>

  • 道の駅くじ「山車展示ホール(風の館)」で久慈秋まつり山車組による「御囃子実演」が開催されます。どなたでも自由に観覧できます。
  • 開催日:毎月第1日曜日、第3日曜日、第5日曜日

実演時間:①11:30~ ②13:30~ 各回20分程度

詳しくは下記をご覧ください。↓

https://www.kuji-kankou.com/post/202105ohayasi

《レストラン山海里》

 [156KB]

■レストラン山海里のおすすめメニュー

・海女丼3,300円税込 ・琥珀丼2,800円税込 ・まめぶ汁580円税込

  (海女丼数量限定)

詳しくはこちらから↓↓

http://dofukan.com/sankairi.html

《土の館・物産館》

 [134KB]   [130KB]

  • 営業時間 9:00~19:00(10月~3月は18:00まで)

お問合せ電話0194-52-2289

    fax0194-61-1879

各店舗へのお問い合わせはこちら↓

http://dofukan.com/tsuchi.html

  

2. 北三陸磯料理 魚棚(うおんだな)<久慈市>

<アクセス>久慈駅から徒歩約8分>

   

※写真はイメージです。

  

3. 久慈琥珀博物館<久慈市>

●琥珀採掘体験4月24日(土)より再開今年は採掘現場が新しくなり、思いっ切り野外で大物琥珀大発見を目指してGO!(※2021年11月30日で今年度営業終了となります。2022年4月下旬再開予定)

  琥珀採掘詳しくはこちら↓↓

http://www.kuji.co.jp/experience

久慈地方は国内有数の琥珀の産地で久慈琥珀博物館は国内で唯一の琥珀専門博物館です。三陸ジオパーク・文化・アートなどさまざまな側面から「見て・触れて・体験して」琥珀を知ることができます。宝飾品においては、中世代白亜紀後期約8,500~9,000万年前のもので世界で最も古い琥珀と言われています。琥珀展示物見学のほか、野外での琥珀発掘体験、アクセサリーの加工作業体験も楽しめます。

   

 

久慈琥珀博物館に関する詳細はこちら⇒www.kuji.co.jp/museum

4. 三陸鉄道久慈駅(愛称:琥珀いろ)

 [713KB]

JR八戸線と三陸鉄道が交わる「北の玄関口」久慈市は日本一の琥珀産地・北限の海女など見どころたくさんの街です。

※三陸鉄道リアス線の運行ダイヤはこちら⇒https://www.sanrikutetsudou.com/wp-content/uploads/2021/01/a61e6f7c6a949bbbb6c0c0ff8e1c4eb6.pdf

※JR八戸線の運行ダイヤはこちら⇒https://www.jreast-timetable.jp/2104/timetable/tt0616/0616010.html

★2020年7月5日久慈駅前に久慈市情報交流センターYOMUNOSU(よむのす)がオープンしました。あまちゃんハウスの展示物も1階に移設しております。入場料は無料です。その他、図書館やカフェ、展望室も併設しております。

詳細はコチラ⇒https://sanriku-travel.jp/visit/howtogo/3110?preview=1&preview_bar=1

観光コース例:久慈駅9:40発====あまちゃんのロケ地:小袖海岸===久慈地下水族科学館もぐらんぴあ(※月曜休館:休館の場合は琥珀博物館見学)===12:00頃着やませ土風館

※会いたい三陸人!紹介はこちら⇒https://sanriku-travel.jp/know/people/p661/

久慈市内の観光タクシーのご案内はこちら⇒https://www.kuji-kankou.com/transportation

久慈駅から二戸駅・盛岡駅方面JRバス東北の運行ダイヤはこちら⇒https://www.jrbustohoku.co.jp/route/detail.php?r=99&rc=3

5. マリンローズパーク野田玉川 地下博物館《野田村》

<アクセス>

※三陸鉄道野田玉川駅から徒歩約10分

 [79KB]

かつて日本有数のマンガン鉱床だった野田玉川鉱山を観光坑道として公開。地下400mからやってきたマネキン地下アイドル[MANGAN BOYz(マンガンボーイズ)」が出向かいます。

「マリンローズ」は日本で唯一、ここ野田玉川鉱山でのみ産出されるバラ輝石(学名:ローズナイト)を宝石として加工したものです。ショップではマリンローズジュエリーや天然石をお求めになれます。またオリジナルマリンローズジュエリー作り体験もございます。

《料金》 ・個人 大人700円/中高生500円/小学生400円
     ・団体(20名様以上)◇大人600円/中高生450円/小学生350円

《営業時間》4月~10月 午前9:30~午後17:00(最終入館16:00)

      11月~3月 午前9:30~午後16:00(最終入館15:00)

《定休日》 毎週火曜日 年末年始

      駐車場あり

《住所》  〒028-8202 岩手県九戸郡野田村大字玉川5-104-13

 [226KB] [127KB]

 [112KB] [257KB]

    マリンローズパーク野田玉川

  • 住所: 〒028-8202 岩手県九戸郡野田村大字玉川5-104-13
  • 電話番号: 0194-66-7200
  • 関連するWebサイトはこちら
  • ・およそ40分から1時間程度一回りできます。
    ・階段の上り下りや、アップダウン等はありません。
    ・中は寒いので上着をお持ちください(バスタオルの貸出し有り)
    ・アクセサリー作り体験につきましてはお問合せください。

最寄り駅からのアクセス

6. 涼海の丘ワイナリー

野田村の山ぶどうは初夏、太平洋からの涼風「やませ」によってじっくり育ちます。
さらにこの野田村産山ぶどうを遅摘し、熟成された果実で作るワインの美味しさを全国の皆様に知っていただきたいという想いと、美しい太平洋を一望できる丘の上に建てられたワイナリーでワインをつくり、ワインとともに地域の風土や地元の食材等に触れていただきたいとの想いをこのワイナリーの名称に込めました。
ただワインを造るだけでなく、涼しい癒しの風が吹き、海が見えるこの丘の上に多くの人達が訪れ交流が図られ、新たな雇用の創出や山ぶどう生産者の経営の安定など震災後の野田村の夢や希望、復興に大きく寄付できる施設にしたいと思っています

 [88KB] [81KB]

最寄り駅からのアクセス

7. 三陸鉄道絶景区間乗車(白井海岸駅⇔堀内駅⇔野田玉川駅)

  三陸鉄道リアス線が誇る絶景区間を走行します。列車が一時停車し、車内ガイドがあります。シャッターチャンスをお忘れなく!

(大沢橋梁:白井海岸駅⇔堀内駅間)

安家川橋梁:堀内駅⇔野田玉川駅間)

8. 三陸鉄道 こたつ列車<久慈駅⇔宮古駅区間>

久慈駅~宮古駅区間、2021年12/18~2022年3/27までの土休日および2022年1/1~1/3の毎日「こたつ列車」を運行します。(予約要)

※久慈発宮古行「こたつ列車」は定期列車の連結車両となります。宮古発久慈行は臨時列車一両のみ運行となります。

※3月中旬にダイヤ改正の予定です。

<行程>

◎上り:久慈駅(12:00発)➡➡➡(三陸鉄道こたつ列車/昼食弁当予約可)➡➡➡(13:47着)宮古駅

◎下り:宮古駅(14:40発)➡➡➡(三陸鉄道こたつ列車)➡➡➡➡➡➡(16:40着)久慈駅

三陸鉄道こたつ列車に関する予約など詳細はこちら⇒https://www.sanrikutetsudou.com/?p=15904

こたつ列車(久慈~宮古)チラシPDF版はこちら

  

        (こたつ列車に突然現れるなもみ)

 「なもみ」とは岩手県北部に伝わる小正月行事です。日本海側に多く伝わる行事で、秋田県の「なまはげ」とルーツは同じ。小正月に山から降りてきた神様の使いである鬼が家々を回り、家内安全、無病息災、そして子供たちの健やかな成長を祈願する行事です。

    

  (三陸鉄道からの絶景:大沢橋梁と安家橋梁)

大沢橋梁は三陸鉄道白井海岸駅~堀内駅間、安家橋梁は堀内駅~野田玉川駅間に架かる橋梁でリアス線を代表する絶景ポイントです。電車も一時停車し車内案内があります。

9. 三陸鉄道 新田老駅<愛称:真崎の紺青(こんじょう)>

 三陸鉄道「新田老駅」が41番目の駅として開業。「道の駅たろう」に徒歩約5分、ジオサイト「震災遺構たろう観光ホテル」に徒歩約6分、三王園地(三王岩)に徒歩約20分、観光客にとって大変便利な駅が誕生しました。

新田老駅:宮古市田老総合事務所に併設

    三陸鉄道(本社旅客営業部)

  • 住所: 〒027-0301 岩手県宮古市田老館が森155-7(無人駅) グーグルマップで開く
  • 電話番号: 0193-62-7000(本社旅客営業部)

10. 道の駅たろう《宮古市》

【産直とれたろう  より ご連絡】(2021.5.26更新)

◇善助屋食堂のどんこ丼テイクアウト商品、「善助屋さんちのカップde丼」販売開始!

善助屋食堂の大人気定番メニュー「どんこ丼」が、なんとカップに入って登場♪テイクアウトでも楽しめます!!ぜひご利用ください。

※価格は600円

※店頭に商品がない場合は、「カップde丼引換券」をご用意致しております。この引換券を産直でご購入いただき、善助屋さんに提出いただくと10〜15分ほどでカップde丼がお手元に!!こちらの受付時間は10:00~15:00までですので、ご注意ください。

 

「道の駅たろう」は国土交通省から「重点道の駅」として認定を受け、産直・交流施設、道路情報等提供休憩施設、三陸ジオパークなど総合観光案内所、震災学習(学ぶ防災)の受入施設「たろう潮里ステーション」、個人商店などの9施設が営業しています。

(産直施設:とれたろう)

(たろう潮里ステーション)         (学ぶ防災:津波遺構 たろう観光ホテル)

 

(善助屋食堂)           (田老グルメ:どんこ唐揚げ丼900円税込)

11. 三王園地:三王岩/浪打崎(なみだざき) <宮古市>

三王園地は駐車場、トイレ、展望所、遊歩道などが整備され、眼下に田老を代表する景勝地三王岩、佐賀部の断崖、そして好天の日は遠方に重茂半島が一望できる絶景の園地です。また、みちのく潮風トレイルのコースとして多くのハイカーが訪れています。

   

   ※三王園地から三王岩の絶景/三王園地遊歩道から往復約15分浪打崎(畳岩)

◎三王岩(さんのういわ)は岩手県宮古市田老にある海岸景勝地。中央に男岩(高さ50m)、左側に女岩(高さ23m)、右側に太鼓岩(高さ17m)の三つの巨岩が並び立つ。県指定天然記念物。

◎浪打崎は三王園地遊歩道から片道約5分、眼下に千畳敷の絶景が広がります。

   

  三王園地遊歩道からの絶景:三王岩/佐賀部の断崖

   

   三王園地遊歩道から往復15分:浪打崎(畳岩)の絶景

12. 浄土ヶ浜ビジターセンター<宮古市>

  

東日本大震災で被害を受けた浄土ヶ浜周辺ですが、景観は変わらず美しい。ビジターセンターでは三陸の自然景観の紹介を行なっております。

    浄土ヶ浜ビジターセンター

  • 住所: 〒027-0001 岩手県宮古市日立浜町32-69 グーグルマップで開く
  • 電話番号: 0193-65-1690(8:00~18:00)
  • 関連するWebサイトはこちら
  • 入館料 無料
    休館日 年末年始
    開館時間[ 4 月〜10 月 ] 8:00 〜18:00/[ 11 月〜3 月 ] 9:00 〜17:00

13. 浄土ヶ浜フィールドウォーク

<浄土ヶ浜フィールドガイド>

<浄土ヶ浜フィールドウォ―クコース例>

宮古駅==(バス利用)==浄土ヶ浜ビジターセンター(第一駐車場前)---(徒歩)---宮古港海戦記念碑------お台場展望台-----浄土ヶ浜マリンハウス前-----砥石浜-----奥浄土ヶ浜(浄土ヶ浜レストハウス)---宮沢賢治歌碑(寂光のはま)------浄土ヶ浜隧道-----蛸の浜---(折り返し奥浄土ヶ浜又はビジターセンターまで戻る)-----奥浄土ヶ浜又はビジターセンターバス停===(バス利用)===宮古駅

 

(宮古港海戦記念碑/御台場展望台)

浄土ヶ浜ビジターセンターがある第一駐車場から浄土ヶ浜車両通行ゲートのすぐ近くに宮古港海戦記念碑があります。わが国初の洋式海戦として日本海戦史上その名をとどめたことを記念して建てられた記念碑です。ここから約5分浄土ヶ浜の展望台の中でも最も絶景の場所、御台場展望台に到着。(御台場の名前の由来は戊辰戦争時に砲台があった場所と言われている)

 

(御台場展望台からの眺望)

御台場展望台は浄土ヶ浜を立体的、全体的に眺めることができる唯一のスポットです。今から150年前この近海で海戦があったとは思いもよらない、さながら「極楽浄土のごとし」の言葉がぴったりの絶景です。

   

(砥石浜/奥浄土ヶ浜/宮沢賢治歌碑)

御台場展望台から約5分で砥石浜へ。砥石のような岩が正面に連なる剣山に向かって伸びている様子は、浄土ヶ浜のビュースポットの一つです。砥石浜から目と鼻の先、奥浄土ヶ浜では浄土ヶ浜を背景に記念写真を撮り、人なつこいウミネコとのひと時をお楽しみください。また宮沢賢治が浄土ヶ浜に訪れた時の心情を短歌にしたためた歌碑(寂光のはま)が建立されています。

 

 (浄土ヶ浜レストハウス/浄土ヶ浜の隧道)

浄土ヶ浜レストハウスは、食事やお土産販売の営業をしております。浄土ヶ浜散策後の休憩場所としてご利用ください。レストハウスの裏山ある浄土ヶ浜隧道は蛸の浜海岸を結ぶ隧道です。

 

(蛸の浜海岸から浄土ヶ浜大橋の眺望/蛸の浜海岸の眺望)

浄土ヶ浜隧道をくぐり抜けると蛸の浜海岸に到着。海水の浸食作用により、岩に穴が空いている姿が蛸に似ていることから名づけられた海岸です。浄土ヶ浜の隠れビュースポットとして人気があります。

14. 宮古市魚菜市場(秋・冬・春季) <宮古市>

  

  

詳細

宮古港で水揚げされた新鮮な三陸の海の幸、宮古産の旬の野菜や果物などを販売する10以上のお店が出店する宮古市民の台所。市場内にある食堂では、三陸の新鮮な魚介を使った丼物、定食が味わえ観光客に人気。2019年3月にリニューアルオープンされ、市場内で買った魚介、肉、野菜をすぐに食べることができるバーベキューコーナーも開設。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、場内への入場の際はマスク着用の徹底と入り口での検温のご協力をお願い致します。(検温の際、37.5度以上の熱がある方は入場をご遠慮ください。)

  • 住所: 岩手県宮古市五月町1番1号
  • 電話番号: 0193-62-1521
  • 関連するWebサイトはこちら
  • 公共交通機関からのアクセス:三陸鉄道宮古駅から徒歩約8分
    営業時間:6:30〜17:30
    定休日:水曜日

15. パティスリー レ・ド・シェーブル<宮古市>

<アクセス>宮古駅から徒歩1分

   

(ヤギミルクプリン/ヤギミルクプリンチョコレート)

※パティスリー レ・ド・シェーブルの詳細は⇒https://yagimilk.jp/

岩手うんめえ~もん!!2020グランプリ優良賞・特別賞(お取り寄せしたいで賞)を受賞。

◎しあわせ牧場のアイスクリームセット(牛・山羊・羊の3種類)※レドシューブル宮古駅前店では、羊と山羊ミルクのアイスクリームの2種類のみ販売しております。

※ギフトの申込書は駅前店にあります。

最寄り駅からのアクセス

16. POST BAKERY(ポストベーカリー) <宮古市>

<アクセス>宮古駅から徒歩3分

  

(ヤギミルクのクリームパン/塩ウニバターパン/ホタテトースト)

今注目の「ヤギミルクのクリームパン」【楽天ランキング菓子パン・クリームパン部門第1位】がTV放送されました。大人気の為ネット通販でも入手困難になっています。店頭にて販売していますが午前中で売れ切れの場合があります。詳細はこちら↓↓

https://item.rakuten.co.jp/fourseasons-milk/bread_cream01/

最寄り駅からのアクセス

17. 宮古駅(愛称:リアスの港)

 [715KB]

三陸鉄道リアス線の運行ダイヤは⇒https://www.sanrikutetsudou.com/wp-content/uploads/2021/01/a61e6f7c6a949bbbb6c0c0ff8e1c4eb6.pdf

JR山田線上り線(盛岡方面)のダイヤはこちら⇒https://ekitan.com/timetable/railway/line-station/158-12/d1

宮古駅から浄土ヶ浜への路線バス運行ダイヤは⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/uploads/030401_jodo_dn.pdf

宮古駅から盛岡方面106特急/急行バス運行ダイヤは⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/morioka-miyako106/

休暇村陸中宮古への無料送迎バス時間:16:15/17:15(宿泊日の前日までにホテルへ予約要:宮古駅から浄土ヶ浜ビジターセンター経由所要約30分)

18. 106特急/急行バス (岩手県北バス)

外観

 [600KB]

 今般、宮古盛岡横断道路の全線開通に伴い、4月1日より盛岡~宮古間の運行は106特急バスと急行バス2通りの設定となります。※106特急バス平日7往復/土・日・祝日6往復(更新日:2021年3月31日)

2021年4月1日以降、運行ダイヤ詳細は⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/morioka-miyako106/

19. 盛岡駅東口バスターミナル<盛岡市>

 [576KB] 

(岩手県北バス106特急/急行:盛岡~宮古間)    (JRバス東北:盛岡~岩泉・龍泉洞間/盛岡~久慈間)

岩手県北バス106特急/急行のダイヤはこちら⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/morioka-miyako106/

JRバス東北岩泉・龍泉洞方面のダイヤはこちら⇒https://www.jrbustohoku.co.jp/route/detail.php?r=105&rc=15

JRバス東北久慈方面のダイヤはこちら⇒https://www.jrbustohoku.co.jp/route/detail.php?r=91&rc=13

    盛岡駅東口バスターミナル

  • 住所: 〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通1−48 グーグルマップで開く
  • 電話番号: 019-654-9359(県北バス)/019-624-4474(JRバス東北)

近隣のスポット