①三陸鉄道沿線ぶらり旅1泊2日(盛岡発着:宮古~久慈区間)

三陸鉄道沿線北リアスは絶景、歴史文化・グルメ、ショッピングなど見どころ楽しみがいっぱい!

三陸鉄道沿線は魅力あふれる観光資源の宝庫。時には各駅で下車し、まち歩きで新鮮な旅の出会い、発見も面白いですね!今回は三陸鉄道(旧)北リアス線区間を乗降し、駅から散策またはタクシーで楽しめる旅を紹介します。旅行には盛岡から106急行・特急バスと三陸鉄道宮古~久慈間往復のお得なセット4,800円の観光フリーパス乗車券をお勧めします。

  • 久慈市
  • 普代村
  • 田野畑村
  • 宮古市
  • 自然
  • 震災学習
  • 歴史文化
  • 三陸鉄道
  • 三陸ジオパーク
  • 観光スポット

【三陸鉄道沿線ぶらり旅1泊2日:北リアス編】

■旅行日:通年

(※募集ツアーではありません。宿泊及び利用交通機関は各自で予約・手配をお願いします)

■日程:1泊2日:盛岡駅発着(盛岡⇒宮古⇒田老⇒田野畑宿泊/田野畑⇒久慈⇒普代⇒宮古⇒盛岡)

■三陸鉄道下車駅:宮古駅~久慈駅往復(新田老駅/田野畑駅/島越駅/久慈駅/普代駅)

■利用交通機関:岩手県北バス106急行・特急×三陸鉄道(観光フリーパス4,800円)

※岩手県北バス106急行・特急×三陸鉄道観光フリーパスの詳細はこちら⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/archives/5931/

■人員:1名~

■宿泊地:田野畑村

※田野畑村の宿泊案内はこちら⇒https://www.vill.tanohata.iwate.jp/kankou/stay/index.html

■行程:モデルコース(観光時間は予定です)

■1日目/盛岡駅東口バスターミナル7:40発==(岩手県北バス106急行)==9:50着宮古駅10:40発➡➡➡(三陸鉄道)➡➡➡11:01着新田老駅(徒歩)--約5分--道の駅たろう--(約2分)--震災遺構たろう観光ホテル---(約15分)---三王園地:三王岩---(約15分)---道の駅たろう(善助屋食堂にて名物どんこ唐揚げ丼の昼食/産直ショッピング)

  

(震災遺構たろう観光ホテル/三王園地/善助屋食堂名物どんこ唐揚げ丼)

--新田老駅13:48発➡➡(三陸鉄道)➡➡14:13着田野畑駅↓

★田野畑駅からの観光コース

①田野畑駅==(乗合タクシー)==机浜番屋群~~(北山崎サッパ船アドベンチャーズ)~~机浜番屋群==(乗合タクシー)==北山崎展望台====田野畑村宿泊

  

(机浜番屋群/北山崎サッパ船アドベンチャーズ/北山崎展望台)

②田野畑駅--(徒歩10分)---ハイぺ海岸--(徒歩10分)---田野畑駅15:13発➡➡(三陸鉄道)➡➡15:17着島越駅--(徒歩10分)---観光船船ターミナル15:30出航~(北山崎断崖クルーズ※4月下旬~11月上旬期間運航)~帰港16:20観光船ターミナル===(ホテル羅賀荘の送迎バス約5分)===ホテル羅賀荘宿泊

  

(ハイぺ海岸宮古層群/島越ふれあい公園/北山崎断崖クルーズ観光船)

■2日目/田野畑駅8:38発➡➡➡(三陸鉄道)➡➡➡9:28着三鉄久慈駅↓

★久慈駅からの観光コース(タクシー観光2時間)

①久慈駅9:30===NHK朝ドラあまちゃんロケ地「小袖海岸」めぐり(つりがね洞・海女センター)===11:30久慈駅

  

(小袖海岸:つりがね洞/海女センター/あまちゃんロケ地碑)

②久慈駅9:30===9:45久慈琥珀博物館10:45===11:00道の駅やませ土風館11:30---(徒歩約8分)---三鉄久慈駅↓

  

(久慈琥珀博物館/道の駅やまぜ土風館:久慈まつり山車/レストラン山海里まめぶ汁)

三陸鉄道久慈駅12:00発➡➡(三陸鉄道)➡➡➡12:48着普代駅↓

  

(三鉄久慈駅リアス亭ウニ弁当/安家川橋梁/大沢橋梁)

★普代駅からの観光コース(約2時間)

◎普代駅(道の駅青の国ふだい)----普代商店街まち歩き(40分)---(徒歩約15分)--普代水門(10分)---(徒歩約5分)--普代浜園地キラウミ(20分)---(徒歩約20分)---普代駅(道の駅青の国ふだい)

  

(普代駅:道の駅青のくにふだい/上神田精肉店の名物カレーパン/いち龍の浜ラーメン)

  

(普代水門/海の産直きらうみ/普代浜園地キラウミ)

普代駅15:03発➡➡➡(三陸鉄道)➡➡➡16:00着宮古駅16:55発===(岩手県北バス106特急)======18:30着盛岡駅東口バスターミナル

※掲載の写真はすべてイメージです。

1. 盛岡駅東口バスターミナル<盛岡市>

 [576KB] 

(岩手県北バス106特急/急行:盛岡~宮古間)    (JRバス東北:盛岡~岩泉・龍泉洞間/盛岡~久慈間)

岩手県北バス106特急/急行のダイヤはこちら⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/morioka-miyako106/

JRバス東北岩泉・龍泉洞方面のダイヤはこちら⇒https://www.jrbustohoku.co.jp/route/detail.php?r=105&rc=15

JRバス東北久慈方面のダイヤはこちら⇒https://www.jrbustohoku.co.jp/route/detail.php?r=91&rc=13

    盛岡駅東口バスターミナル

  • 住所: 〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通1−48 グーグルマップで開く
  • 電話番号: 019-654-9359(県北バス)/019-624-4474(JRバス東北)

2. 106特急/急行バス (岩手県北バス)

外観

 [600KB]

 今般、宮古盛岡横断道路の全線開通に伴い、4月1日より盛岡~宮古間の運行は106特急バスと急行バス2通りの設定となります。※106特急バス平日7往復/土・日・祝日6往復(更新日:2021年3月31日)

2021年4月1日以降、運行ダイヤ詳細は⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/morioka-miyako106/

3. 宮古駅(愛称:リアスの港)

 [715KB]

三陸鉄道リアス線の運行ダイヤは⇒https://www.sanrikutetsudou.com/wp-content/uploads/2021/01/a61e6f7c6a949bbbb6c0c0ff8e1c4eb6.pdf

JR山田線上り線(盛岡方面)のダイヤはこちら⇒https://ekitan.com/timetable/railway/line-station/158-12/d1

宮古駅から浄土ヶ浜への路線バス運行ダイヤは⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/uploads/030401_jodo_dn.pdf

宮古駅から盛岡方面106特急/急行バス運行ダイヤは⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/morioka-miyako106/

休暇村陸中宮古への無料送迎バス時間:16:15/17:15(宿泊日の前日までにホテルへ予約要:宮古駅から浄土ヶ浜ビジターセンター経由所要約30分)

4. 三陸鉄道 新田老駅<愛称:真崎の紺青(こんじょう)>

 三陸鉄道「新田老駅」が41番目の駅として開業。「道の駅たろう」に徒歩約5分、ジオサイト「震災遺構たろう観光ホテル」に徒歩約6分、三王園地(三王岩)に徒歩約20分、観光客にとって大変便利な駅が誕生しました。

新田老駅:宮古市田老総合事務所に併設

    三陸鉄道(本社旅客営業部)

  • 住所: 〒027-0301 岩手県宮古市田老館が森155-7(無人駅) グーグルマップで開く
  • 電話番号: 0193-62-7000(本社旅客営業部)

5. 道の駅たろう《宮古市》

【産直とれたろう  より ご連絡】(2021.5.26更新)

◇善助屋食堂のどんこ丼テイクアウト商品、「善助屋さんちのカップde丼」販売開始!

善助屋食堂の大人気定番メニュー「どんこ丼」が、なんとカップに入って登場♪テイクアウトでも楽しめます!!ぜひご利用ください。

※価格は600円

※店頭に商品がない場合は、「カップde丼引換券」をご用意致しております。この引換券を産直でご購入いただき、善助屋さんに提出いただくと10〜15分ほどでカップde丼がお手元に!!こちらの受付時間は10:00~15:00までですので、ご注意ください。

 

「道の駅たろう」は国土交通省から「重点道の駅」として認定を受け、産直・交流施設、道路情報等提供休憩施設、三陸ジオパークなど総合観光案内所、震災学習(学ぶ防災)の受入施設「たろう潮里ステーション」、個人商店などの9施設が営業しています。

(産直施設:とれたろう)

(たろう潮里ステーション)         (学ぶ防災:津波遺構 たろう観光ホテル)

 

(善助屋食堂)           (田老グルメ:どんこ唐揚げ丼900円税込)

6. 三王園地:三王岩/浪打崎(なみだざき) <宮古市>

三王園地は駐車場、トイレ、展望所、遊歩道などが整備され、眼下に田老を代表する景勝地三王岩、佐賀部の断崖、そして好天の日は遠方に重茂半島が一望できる絶景の園地です。また、みちのく潮風トレイルのコースとして多くのハイカーが訪れています。

   

   ※三王園地から三王岩の絶景/三王園地遊歩道から往復約15分浪打崎(畳岩)

◎三王岩(さんのういわ)は岩手県宮古市田老にある海岸景勝地。中央に男岩(高さ50m)、左側に女岩(高さ23m)、右側に太鼓岩(高さ17m)の三つの巨岩が並び立つ。県指定天然記念物。

◎浪打崎は三王園地遊歩道から片道約5分、眼下に千畳敷の絶景が広がります。

   

  三王園地遊歩道からの絶景:三王岩/佐賀部の断崖

   

   三王園地遊歩道から往復15分:浪打崎(畳岩)の絶景

7. 田野畑駅<愛称:カンパネルラ>

駅の愛称「カンパネルラ」は宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」の主人公の友達の名前から命名されました。駅前広場には宮沢賢治が三陸に旅行した際に書き綴られた発動機船の詩碑もあり、田野畑駅は宮沢賢治ゆかりの駅でもあります。また、NHKの朝ドラ「あまちゃん」では畑野駅の名で登場し一躍脚光を浴びました。観光シーズンには北三陸を代表する景勝地「北山崎」や机浜番屋群、北山崎サッパ船遊覧、みちのく潮風トレイルなど多くの観光客が訪れています。

三陸鉄道リアス線の運行ダイヤはこちら⇒https://www.sanrikutetsudou.com/wp-content/uploads/2021/01/a61e6f7c6a949bbbb6c0c0ff8e1c4eb6.pdf

◎田野畑駅からの観光は、田野畑観光乗合タクシーが便利です(出発の1時間前に電話予約が必要です。予約先:田野畑観光タクシー☎0194-33-2121)

※三陸鉄道の発着時間に合わせ、机浜番屋群(北山崎サッパ船アドベンチャーズ)、北三陸を代表する景勝地北山崎の観光ができます。

◎田野畑観光乗合タクシーに関する詳細は↓                                     https://www.vill.tanohata.iwate.jp/kanko/kantaku_time.html

※観光に関するお問い合わせはこちら⇒https://www.vill.tanohata.iwate.jp/kankou/info/information.html

※会いたい三陸人!みちのく潮風トレイルガイドはこちら⇒https://sanriku-travel.jp/know/people/641?preview=1&preview_bar=1

8. 机浜番屋群

 [214KB]

漁の拠点として作業場や漁具置き場、土間などの22棟の木造番屋。
 昭和8年の三陸大津波後に建て直され、地元の漁師が出漁の準備や養殖ワカメの出荷作業に使用され漁村の原風景と評判となり、平成18年に「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選」に選ばれました。
 残念ながら、平成23年3月11日の東日本大震災の大津波により流失しましたが、多くの方のご支援により、以前の面影を復元する形で再建されました。現在は塩づくり体験や番屋漁師ガイド、番屋料理体験など各種体験観光の拠点となっています。

★番屋での体験プログラムのご案内

◎漁師(ハンモウド)の塩づくり⇒https://tanohata-taiken.jp/?page_id=39

◎番屋料理体験⇒https://tanohata-taiken.jp/?page_id=41

◎番屋群漁師ガイド⇒https://tanohata-taiken.jp/?page_id=40

9. サッパ船アドベンチャーズ/マリンアクティビティ

 [175KB]

地元漁師さんが操縦する小型漁船(サッパ船)でのクルージング。
200mもの断崖絶壁が連なる北山崎の直下を航行できるのは、普段からこの海で漁業を営んでいるベテラン漁師だからこそ。
波による多少の揺れも楽しみの一つですが、海況が良ければ岩礁の間や海蝕洞を通り抜けるスリル満点のコースも楽しめます。(要予約)

★その他の机浜マリンアクティビティのご案内

机浜海水浴場の詳細は⇒https://www.vill.tanohata.iwate.jp/kankou/experience/tsukuehama-beach.html

シュノーケリング体験の詳細は⇒https://tanohata-taiken.jp/?page_id=53

ダイビング体験の詳細は⇒https://tanohata-taiken.jp/?page_id=52

    NPO法人体験村・たのはたネットワーク

  • 住所: 〒028-8402 岩手県下閉伊郡田野畑村北山129-10(北山崎ビジターセンター内) グーグルマップで開く
  • 電話番号: 0194-37-1211
  • 関連するWebサイトはこちら
  • 営業時間9:00〜17:00
    料金:大人(中学生以上)¥3,800/人(2人~)
       小人(小学生)¥3,000/幼児無料
    ※一人貸切運航の場合大人¥7,600

    ■所要時間:60分 ※要予約(当日予約の場合、船の手配が出来ない場合があります)
    ■発着港:岩手県田野畑村机漁港(〒028-8402 岩手県下閉伊郡田野畑村机 142-3)

10. 北山崎園地:北山崎第一展望台<田野畑村>

北山崎園地は、駐車場、トイレ、休憩所、展望台、みちのく潮風トレイル遊歩道などが整備され、北山崎ビジターセンターが総合観光案内所として観光客の受け入れサービスを行っています。また、園地内には食事休憩施設、民宿も営業しており、全国からたくさんの観光客が訪れています。

(北山崎第一展望台からの絶景)

北山崎は高さ約200m前後の断崖絶壁が周囲8㎞に渡り連なり、通称「海のアルプス」とも呼ばれ、北三陸随一の景勝地です。

(田野畑村総合観光案内所:北山崎ビジターセンター)

    田野畑村総合観光案内所

  • 住所: 〒028-8402 岩手県下閉伊郡田野畑村北山129-10
  • 電話番号: 0194-33-3248

11. 島越駅(愛称:カルボナード)/島越ふれあい公園

東日本大震災の津波により、流失した旧島越駅舎跡地に整備された復興公園。津波に耐えた宮沢賢治の詩碑が、被災当時の姿のまま佇んでおり、津波の脅威を伝えています。三陸鉄道島越駅徒歩3分

 

  

12. 【2021.4.24運行開始!】 北山崎断崖クルーズ観光船 / ホテル羅賀荘<田野畑村>

田野畑駅からタクシーで約5分、島ノ越漁港から乗船。海のアルプスと呼ばれる高さ200mの断崖を海上から眺望し、島ノ越漁港まで戻ってくるコースです。(所要時間約50分)

北山崎断崖クルーズ観光船運航についてはコチラから

(ホテル羅賀荘からの日の出)     (ホテル羅賀荘全景)

13.  ホテル羅賀荘 <田野畑村>

【施設からのお知らせ】 2020.9.16更新

●Go Toトラベルキャンペーンのご予約について【お願い】

●大浴場貸切のお知らせ(9月30日、10月1日)

●【田野畑さ来てけでキャンペーン】第2期受付スタート

  

 

最寄り駅からのアクセス

14. 三陸鉄道久慈駅(愛称:琥珀いろ)

 [713KB]

JR八戸線と三陸鉄道が交わる「北の玄関口」久慈市は日本一の琥珀産地・北限の海女など見どころたくさんの街です。

★2020年7月5日久慈駅前に久慈市情報交流センターYOMUNOSU(よむのす)がオープンしました。あまちゃんハウスの展示物も1階に移設しております。入場料は無料です。その他、図書館やカフェ、展望室も併設しております。

詳細はコチラ⇒https://sanriku-travel.jp/visit/howtogo/3110

観光コース例:久慈駅9:40発====あまちゃんのロケ地:小袖海岸===久慈地下水族科学館もぐらんぴあ(※月曜休館:休館の場合は琥珀博物館見学)===12:00頃着やませ土風館

久慈市内の観光タクシーのご案内はこちら⇒https://www.kuji-kankou.com/transportation

15. 久慈琥珀博物館<久慈市>

●琥珀採掘体験4月24日(土)より再開今年は採掘現場が新しくなり、思いっ切り野外で大物琥珀大発見を目指してGO!(※2021年11月30日で今年度営業終了となります。2022年4月下旬再開予定)

  琥珀採掘詳しくはこちら↓↓

http://www.kuji.co.jp/experience

久慈地方は国内有数の琥珀の産地で久慈琥珀博物館は国内で唯一の琥珀専門博物館です。三陸ジオパーク・文化・アートなどさまざまな側面から「見て・触れて・体験して」琥珀を知ることができます。宝飾品においては、中世代白亜紀後期約8,500~9,000万年前のもので世界で最も古い琥珀と言われています。琥珀展示物見学のほか、野外での琥珀発掘体験、アクセサリーの加工作業体験も楽しめます。

   

 

久慈琥珀博物館に関する詳細はこちら⇒www.kuji.co.jp/museum

16. 道の駅くじ やませ土風館  《土の館&風の館》

まめぶ汁も楽しめるレストランもある、久慈のお土産が一堂に揃う観光拠点。秋に開催する久慈まつりの大きな山車も展示しております。

《風の館・観光交流センター》

 [206KB]   [114KB]

久慈秋まつり御囃子実演<休止中>

  • 道の駅くじ「山車展示ホール(風の館)」で久慈秋まつり山車組による「御囃子実演」が開催されます。どなたでも自由に観覧できます。
  • 開催日:毎月第1日曜日、第3日曜日、第5日曜日

実演時間:①11:30~ ②13:30~ 各回20分程度

詳しくは下記をご覧ください。↓

https://www.kuji-kankou.com/post/202105ohayasi

《レストラン山海里》

 [156KB]

■レストラン山海里のおすすめメニュー

・海女丼3,300円税込 ・琥珀丼2,800円税込 ・まめぶ汁580円税込

  (海女丼数量限定)

詳しくはこちらから↓↓

http://dofukan.com/sankairi.html

《土の館・物産館》

 [134KB]   [130KB]

  • 営業時間 9:00~19:00(10月~3月は18:00まで)

お問合せ電話0194-52-2289

    fax0194-61-1879

各店舗へのお問い合わせはこちら↓

http://dofukan.com/tsuchi.html

  

17. 三陸鉄道 普代駅 

 [131KB]

◎三陸鉄道リアス線の運行ダイヤはこちら⇒https://www.sanrikutetsudou.com/wp-content/uploads/2021/01/a61e6f7c6a949bbbb6c0c0ff8e1c4eb6.pdf

みちのく潮風トレイルの走破を考えている方は、拠点駅としてご利用ください。

広い無料駐車場もあり鉄道以外の利用も

観光情報やトレイル情報はこちらで。

併設する「アンテナショップあいで」には、普代村の特産品が充実し、旅のお土産に最適。

※普代商店街・食堂めぐりの案内はこちら⇒https://www.vill.fudai.iwate.jp/kanko/sightseeing/data/fudai2020_16_18.pdf

※会いたい三陸人とのふれあい!紹介⇒https://sanriku-travel.jp/know/people/2739?preview=1&preview_bar=1

  • 電話番号: 0194-35-2411

18. 普代水門

1972年着工1984年完成総工費35.6億円、総延長205m高さ15.5m。

水門4基(ローラーゲート式)、陸閘2門(引戸式)いずれも消防分署から遠隔操作で開閉する。

越流はしたが、威力を削がれた津波が民家を襲うことはなかった。

建設に尽力した元村長の顕彰碑が建立されている。

 [324KB]

詳しくこちらのはさんりく旅しるべ「震災学習・語り部」をご覧下さい・

https://sanriku-travel.jp/know/lesson/p741/

19. 普代浜園地キラウミすぐそばの「浜の産直きらうみ」でお買い物&一休み

漁師さんが獲って、漁師さんが加工した海産物、昆布・ワカメその他がお奨めです。

 [134KB]  [135KB] 

  [100KB]

最寄り駅からのアクセス

20. 宮古駅(愛称:リアスの港)

 [715KB]

三陸鉄道リアス線の運行ダイヤは⇒https://www.sanrikutetsudou.com/wp-content/uploads/2021/01/a61e6f7c6a949bbbb6c0c0ff8e1c4eb6.pdf

JR山田線上り線(盛岡方面)のダイヤはこちら⇒https://ekitan.com/timetable/railway/line-station/158-12/d1

宮古駅から浄土ヶ浜への路線バス運行ダイヤは⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/uploads/030401_jodo_dn.pdf

宮古駅から盛岡方面106特急/急行バス運行ダイヤは⇒http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/morioka-miyako106/

休暇村陸中宮古への無料送迎バス時間:16:15/17:15(宿泊日の前日までにホテルへ予約要:宮古駅から浄土ヶ浜ビジターセンター経由所要約30分)

近隣のスポット