【モデルコース4】いわてTSUNAMIメモリアルから始まる復興ツーリズム「一関発着日帰りモデルコース」

復興ツーリズムモデルコース4(日帰りコース2)~レンタカー利用~

  • 釜石市
  • 陸前高田市
  • 震災学習

【ルートマップ】

1. 一ノ関駅 <一関市>

 [573KB]

2. 東日本大震災津波伝承館「いわてTSUNAMIメモリアル」  <陸前高田市>

岩手県では、陸前高田市で整備が進む「高田松原津波復興祈念公園」内に「東日本大震災津波伝承館」(愛称:「いわてTSUNAMIメモリアル」)を整備しており、2019年9月22日にオープンしました。この施設は、東日本大震災津波の悲劇を繰り返さないため、震災津波の事実と教訓を後世に伝承するとともに、復興の姿を国内外の人々に発信することを目的とするものです。

展示テーマは、「いのちを守り、海と大地と共にいきる」。三陸の津波被害の歴史や、東日本大震災津波、復興の取り組みに関わる映像、写真、被災物などを展示し、東日本大震災津波の悲劇を繰り返さないため、震災の事実と教訓を後世に伝承するとともに、復興の姿を国内外の人々に発信し、支援をいただいた全ての方々に感謝の気持ちを伝えるものとなっています。

入場無料ですので、震災・防災を学ぶ場の活用としてはもちろん、観光の隙間時間でもご覧頂きたい内容となりますので、どうぞお立ち寄りください。

 [133KB] [90KB] [117KB] [107KB] [107KB] [160KB] [138KB] [95KB] [173KB] [218KB]

 

【場所】 岩手県陸前高田市気仙町字土手影180番地(高田松原津波復興祈念公園内)

<施設概要>

◆施設名称 東日本大震災津波伝承館 いわてTSUNAMIメモリアル

◆所在地  〒029-2204 岩手県陸前高田市気仙町字土手影180 

             高田松原津波復興祈念公園内      

◆電話   0192-47-4455

◆開館時間 9:00~17:00(最終入館時間16:30)

◆定休日  ・12月29日から翌年1月3日まで

      ・施設メンテナンスのため必要となる日(概ね年4日程度)

◆入館料  無料

◆駐車場  普通車140台、大型車33台、障がい者等優先4台

◆アクセス 列車:JR一ノ関駅よりJR大船渡線でJR気仙沼駅まで乗車し、

         JR気仙沼駅からJR大船渡線BRTに乗車、「奇跡の一本松駅」下車

<JR大船渡線 時刻表>https://www.jreast-timetable.jp/cgi-bin/st_search.cgi?rosen=15&token=&50on=

      車:東北道盛岡ICより国道46・396・283・107・340経由で約2時間

        釜石道宮守ICより国道283・107・340経由で約50分

        東北道一関ICより県道19、国道343・340経由で約1時間15分

◆詳細はこちら https://iwate-tsunami-memorial.jp

Twitter:https://twitter.com/shinsai_densyo

Facebook:https://www.facebook.com/shinsai.densyo/?tn-str=k*F

3. 奇跡の一本松 <陸前高田市>

 [67KB]

約7万本と言われる高田松原の中で唯一耐え残った「奇跡の一本松」。
現在は復興のシンボルとして保存管理されております。

お車でお越しの際は、道の駅高田松原、東日本大震災津波伝承館(いわてTSUNAMIメモリアル)の駐車場をご利用下さい。

 [467KB]

    奇跡の一本松

  • 住所: 陸前高田市気仙町字砂盛176-6 グーグルマップで開く
  • 関連するWebサイトはこちら
  • 駐車場住所:陸前高田市気仙町字土手影142-1
     
    ライトアップ■時間 日没から午後9時頃まで
    午後5時以降(6月~8月は午後6時以降)~午前8時頃は、しおさい橋のフェンスを施錠するため、奇跡の一本松には近づけません。

4. 岩手三陸海岸・陸前高田キャピタルホテル1000 <陸前高田市>

  • 住所: 〒029-2205岩手県陸前高田市高田町字長砂60-1 グーグルマップで開く
  • 電話番号: TEL:0192-55-3111 / FAX:0192-55-3500
  • 関連するWebサイトはこちら
  • 「陸前高田」 駅  (タクシー等 車で約10分)
    ※事前のご予約で、最寄り駅 ⇔ ホテル 間の送迎を承ります。
      お気軽にお問い合わせください。(要予約前日まで)

最寄り駅からのアクセス

5. うのすまい・トモス <釜石市>

  • いのちをつなぐ未来館   ※入場料無料・館内ガイド無料

 [262KB] [219KB] [223KB] [251KB] [236KB]

  • 釜石祈りのパーク

 [194KB] [174KB]

  • 鵜の郷交流館

 [215KB] [266KB] [308KB] [290KB]

<施設概要>

◆施設名称 うのすまい・トモス

      -いのちをつなぐ未来館(震災伝承・防災学習施設)、釜石祈りのパーク

      (東日本大震災犠牲者慰霊追悼施設)、鵜の郷交流館(お食事処及び産直・お土産品販売)

◆所在地  〒026-0301 岩手県釜石市鵜住居町16-72-1

◆電話   0193-27-5666

◆FAX    0193-27-5667

◆開館時間 9:00~18:00

◆定休日  毎週水曜日、年末年始

◆駐車場  普通車100台、大型バス8台 

◆アクセス 列車:三陸鉄道リアス線鵜住居駅下車1分

      車:三陸自動車道釜石北ICより釜石方面へ車で4分

     バス:釜石駅前から県交通《赤浜線:赤浜行、浪板線:浪板[大槌町]行、

        市内コミュニティバス》のいずれかに乗車し、鵜住居で下車 徒歩5分

◆詳細はこちらhttps://unosumai-tomosu.jp/index.html

  

    (株)かまいしDMC

  • 電話番号: 0193-27-5666
  • 入館料無料。いのちをつなぐ未来館では、館内だけのガイドも対応可能。

6. 鵜住居復興スタジアム

 [156KB]  [98KB]

鵜住居小学校と釜石東中学校は津波により校舎が全壊。

震災の被害を受けた場所に復興のシンボルとしてラグビーW杯2019釜石会場として建設された。

7. 一ノ関駅 <一関市>

 [573KB]

8. 株式会社みちのりトラベル東北 <盛岡市>

 [170KB]

    株式会社みちのりトラベル東北(旧社名:株式会社岩手県北観光)

  • 住所: 〒020-0124 岩手県盛岡市厨川1-17-18(IGR厨川駅前)
  • 電話番号: 019-641-8811(復興ツーリズム担当の宮城をご指名ください)
  • 関連するWebサイトはこちら
  • このモデルコースについてご不明な点などございましたらお気軽に上記までお問い合わせください。震災学習による企業研修、教育旅行のご相談も承っております。復興ツーリズム担当の宮城までご連絡ください。

関連する記事はこちら

近隣のスポット