「迂回路のお知らせ」木彫りの魚美術館 魚の番屋

野田村の漁師彫り作家・深渡栄一さんは50年現役漁師を続けながら、チェーンソーやノミ、彫刻刀を使って木に命を拭き込み、 これまで800点以上の海の生き物たちの作品を作り出してきました。
緑に囲まれた美術館内には、およそ350点もの躍動感あふれる魚や貝などの 作品が展示されています。
海とともに生活してきた漁師ならではの視点で作られた、 活き活きとした魚たちの姿をお楽しみください。

  • 野田村
  • 工芸
  • 観光スポット

魚の番屋は、世界にひとつしかない「木の魚の水族館」として、2018年5月にオープンしました。
緑に囲まれた美術館内には、今まで制作した800点のうち、およそ350点もの躍動感あふれる魚や貝などの作品が展示されています。

 [67KB] [133KB]

国道45号線から「木彫りの魚美術館 魚の番屋」への村道にて行われる、村道和野平線法面崩落対策工事に伴い、令和元年10月7日~令和2年2月20日(月曜日から土曜日まで8:00~17:00)まで通行止めが行われます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご来館の際は迂回路をご利用いただきますようお願いいたします。

「木彫りの魚美術館 魚の番屋」への迂回路はこちら

        ↓ ↓ ↓

http://www.noda-kanko.com/news/2019-10-07-08-00.html

お問い合わせ

「迂回路のお知らせ」木彫りの魚美術館 魚の番屋

最寄り駅からのアクセス

近隣のスポット