三面椿 <大船渡市>

熊野神社の境内にそびえる日本最大、樹齢1400年のヤブツバキです。神社の創建時に東、南、西に植えられたことから三面椿と呼ばれています。
平成21年6月19日に倒木した三面椿から採取した苗木を培養し育成していた大船渡東高校農芸化学科の生徒たちの手により、南と西に植樹され名実ともに「三面椿」が復活しました。
1969年 6月 6日、岩手県指定天然記念物に指定されています。

  • 大船渡市
  • 自然
  • 歴史文化
  • みちのく潮風トレイル
  • 観光スポット

 [593KB]

お問い合わせ

三面椿 <大船渡市>

最寄り駅からのアクセス

近隣のスポット