【テレビ岩手制作・配給】  東日本大震災10年記録映画「たゆたえども沈まず」

~ 東日本大震災から10年  1850時間の映像から紡ぐ記録映画 ~

開催期間 

  • 洋野町
  • 久慈市
  • 野田村
  • 普代村
  • 田野畑村
  • 岩泉町
  • 宮古市
  • 山田町
  • 大槌町
  • 釜石市
  • 住田町
  • 大船渡市
  • 陸前高田市
  • 震災学習
  • ファミリー向け

テレビ岩手では東日本大震災から10年を迎える本年、 1850時間の映像から紡ぐ記録映画「たゆたえども沈まず」を制作し、3月5日から東北地域の映画館等で公開することとなりましたので、お知らせします。

今回の題材は多くの犠牲者を出した東日本大震災であり、テレビ岩手では映画の収益金(映画上映の配給収入から上映・製作経費等を差し引いたテレビ岩手の実際の利益)が出た場合、岩手県の被災した児童学生を支援する「いわての学び希望基金」に全額を寄付いたします。

テレビ岩手のカメラが撮り続けた10年間の記録です。
是非ご覧ください。
 
 
作品情報はこちら↓↓
 
パリ市の紋章にはラテン語で “Fluctuat nec mergitur”と書かれている。
意味は「揺れはするが、沈まない」 そう、「たゆたえども沈まず」。
2011年3月11日。
この日、震度7の地震と津波が東北地方を襲いました。
未曾有の大災害をもたらした東日本大震災です。
わたしたちは震災直後から被害の状況、被災者の安否をテレビ放送を通じて伝え続けました。
あれから10年。がれきの山はなくなり、防潮堤が整備され、低い土地はかさ上げされてそこに新たな街ができました。
しかし、復興は終わったわけではありません。
あの日から生活が一変した人々は、今なお、もがき、揺れ動き、大きなうねりの中に身をゆだねながらも懸命に生きています。
たゆたえども沈まず。
テレビ岩手が10年にわたり取材し、伝え続けてきた東日本大震災をこれからも後世につないでいくため、私たちは「映画」として想いを残すことにしました。
この映画はドラマではありません。様々な考えを批判するものでもありません。そこで暮らす人々の10年間の生きざまを切り取った真実の記録です。
どうか目を閉じることなく現実をみてください。
そこに生きる人々の想いを知ってください。
被災地の放送局として、カメラを向けた責任を持つものとして、膨大な映像と人々の想いをどう生かしていくのか―。
そんな想いを込めて、東日本大震災の映画を製作しました。

 

<映画館 上映情報> 

※料金・上映スケジュール等は各映画館にお問合せください。

☆2021年3月5日(金)~ 公開

フォーラム盛岡 / イオンシネマ北上 / みやこシネマリーン / 一関シネプラザ /

≪宮城県≫フォーラム仙台

≪福島県≫フォーラム福島

 

<自主上映情報> 

※上映時間が決まり次第下記ウェブサイトにて公開いたします。有料となりますのでご注意ください。

☆2021年3月21日(日) 陸前高田コミュニティホール
☆2021年3月28日(日) 釜石PIT
☆2021年4月4日(日)   久慈アンバーホール

 

詳しくは下記ウェブサイトからご覧ください↓

https://www.tvi.jp/tayutaedomo/

※下記チラシには釜石地区での上映スケジュールを掲載しています

震災学習内容

場所
盛岡市、久慈市、釜石市、陸前高田市ほか

お問い合わせ

【テレビ岩手制作・配給】  東日本大震災10年記録映画「たゆたえども沈まず」

関連する記事はこちら

近隣のスポット