大槌町・山田町を巡る旅 フォトレポート <大槌町・山田町>

民泊では驚きの体験が?!ほか大槌の郷土芸能に触れて、山田の植樹ボランティアに参加して充実の三陸旅!

  • 山田町
  • 大槌町
  • 震災学習
  • 歴史文化

こんにちは。三陸DMO@イーティです。

先日、いわて復興応援隊仲間のRIKAKOさんと、プライベート弾丸旅行、大槌町と山田町を巡る旅(1泊2日)に行ってまいりました。

 

三陸って、食べ物美味しいけどなんもないよね??

・・・と思っているそこのアナタ!

あまり知られていないけど、地元で小さなイベント、ちょこちょこやってるんですよ!!

おあと民泊では、まったく予想のつかない驚きの体験ができちゃったんですよ!!笑

 

こんな旅もあるんだー!と一例として受け止めていただいて、ぜひアナタもオリジナリティあふれる三陸の旅を企画してみてはいかがでしょうか?

では、当日の様子をフォトレポートします。

 

   

【1日目】

〇午後       盛岡駅近くマリオスから車で出発

※画像はイメージです

宮古経由(一般国道106号線・宮古盛岡横断道路)で行きました。片道だいたい2時間30分なり。

合言葉は、山、時々平地。一般道、時々高速。ってところです。いま、ここはどっちだ?っていう速度がなぞなぞみたいな雰囲気です。

このごちゃまぜ感、ぜひ味わっていただきたい・・・(走ればわかりますヨw)。

とにかく長時間のドライブになるので、ガムと好きな歌手のベスト盤をご用意ください!!

ラジオは電波悪い所が多いので、ご注意ください。

  

 

〇宿は       大槌町菊池民泊   マイ・ウェイ   

https://sanriku-travel.jp/visit/lodging/p1103/ 

オーナーの菊池チヤ子さんが、気さくに出迎えてくださいました。「よぐ来てくれました~!どうぞどうぞ」

まるでいとこのお母さんところに、女性2人が居候しにきたような雰囲気ですww

2階に通していただき、2部屋あるなかの1部屋をお借りしました。シャワールーム・トイレ・洗濯機まで用意がありました。部屋には空気清浄機、ミニ冷蔵庫、テレビ、洗濯物干しのスペースも。ここまで整っちゃえば、連泊も可能ですね。

  

〇夕食

前菜が、なんと毛ガニ一ぱい!!

ででーん@@

え?ほんとに??前菜??メインディッシュでしょ・・としばし驚愕。。

これは家族みんなで取り分ケンカしながら食べるものじゃないのか??笑   贅沢すぎる!!

ひたすらカニと格闘する時間が過ぎ・・。肉厚なむき身が味わい深かった。。指に殻のとげが何回か刺さりましたがそんなちっちゃいことはどうでも良くなっちゃいましたww(←翌日にじんわりくるお決まりのパターン・・)

かに味噌、最高に美味しかった!「この味噌にね~  日本酒を混ぜて食べるとまた美味しいよ~」とお母さんからおススメの食べ方を伝授いただき、地元の美食を堪能しました。

  

カニのほかにも、地元とれたて野菜をたっぷり使用した、家庭料理が続々と、、、。(この後ご飯とお味噌汁が出てきました)

ホテルやお店でのディナーとはまた一味違う、安心感のあるメニューです。完食いっぽ手前でお腹いっぱいになり、ちょっと残しちゃったのが残念・・・。

 [196KB]

  

 

〇夜     大槌町    郷土芸能 かがり火の舞鑑賞会

https://sanriku-travel.jp/know/event_info/p3998/

さてお腹いっぱいになった後は、菊池民泊さんから徒歩5分位のところにある小槌神社境内にて、「かがり火の舞鑑賞会」を見に行きました。

 

このかがり火が場の雰囲気を倍増してくれました・・・。雰囲気イイですね!

 

カニとの格闘に時間がかかり、最初の演目は間に合わず、大槌城山虎舞を鑑賞しました。

 

カッコいいし迫力がすごい!

動きにキレもあって、本当に虎が動いているようです。

知人が通うスポーツジムの仲間の方も参加されていたようで、日頃鍛えぬいているからこその、このパフォーマンスなんだな・・!と思いました。もはや三陸を代表するタイガーダンサーズです。

終了時には、観衆から大拍手の嵐でした・・!

さて、余韻に浸りつつ帰宅。

翌日の植樹祭のため、夜更かしせず、体力キープで就寝です・・zzzz。

 

 

【2日目】

〇朝             (やっぱり期待しちゃう)朝食

朝もご期待にもれず、焼きウニど~ん!

あっつあつのご飯にかけて、頂きました。

お腹いっぱいになったのにもかかわらず、ウニが残っているとご飯のおかわりが進むこと進むこと・・・。

(ご飯とお味噌汁が出てくる前に撮ったものです)

 

さて朝ごはんも終わり、名残惜しいですが、出発の時です。

皆さん気になるのが、お支払い金額ですよね。。(豪華すぎたしww)

   

通常は、1泊2食7,500円のところですが・・・現在、大槌町と岩手県で、宿泊割引キャンペーンをやっているんです↓↓

★おおつち宿泊キャンペーン開始★いわて割併用可能期間は9月30日(金)宿泊分まで!

https://otsuchi-ta.com/event-info/?p=4349

★いわて割 応援プロジェクト

https://www.iwate-tabipro.jp/

両方つかえて、なんと割引に割引されて、、、。

3,000円以下!のお支払いでこんな豪華旅ができました!!

しかも、いわて応援クーポンで2,000円キックバックがつきます。

毛ガニも焼きウニも・・・普通、この値段で食べれないですよね・・。(注※宿泊する日によってメニュー変動はありますのでご了承ください)

これは割引がきいてる「いま」!泊まるしかないですよ。

菊池民宿さん、ステキなお部屋に美味しいご飯、ありがとうございました!!

 

  

〇午前中      いのちを守る森づくり植樹祭in山田町2022 

https://sanriku-travel.jp/know/event_info/p5294/

  

大槌町から三陸道で車を走らせ、隣の山田町へ。

宿から出て、すぐ大雨にあたってしまい、本当に植樹できるんだろうか・・?といぶかしげに思ってましたが、

山田町役場に問い合わせしたところ、即答でやります、とのこと。

大槌では大雨だったものの、山田に入ると次第に雨が上がって曇り空に・・。

どうやら参加者の中に晴れ男or女がいたようです。

とりあえず、ホッと胸をなでおろしました。

 

木を植えて植えて植えまくり、山田町を津波などの災害から守るお手伝いをしたいなと思います!

  

受付完了し、いざ、出陣です(・・別になにかと戦うわけじゃないけどねww)。

  

すでに作業中のボランティアの皆様に交じり、見よう見まねでスタート。

苗木があらかじめ置いてあり、その場所に植えればいいのかなと理解しました。

皆さん、けっこうアトランダムに植えています。

  

ここでわたくし、、失態を。。

植樹する前に雨が降っていたせいで、泥長靴を履いた両足が土の奥まで入り込んでしまい・・・

自分で自分を植樹してしまった有様。。。(迷惑ボラじゃないかよ、なにしてんだかww)

「ぎゃ~助けてえええ!!」と叫びまくり。。!!

近くで植樹作業をしていた山田町長に引っ張ってもらい、助けていただきました。今後は、山田町に足を向けて寝れませんww

佐藤町長、その節は大変お世話になりました・・!

ありがとうございました。

  

植え終わったら、木と木の間の土の上に藁をしきつめ、

ひもをかけて終了です。

 

記念写真ということで、RIKAKOさんは余裕の表情。

まだできるよ~ん。

いいな・・若いって最高・・。

  

イーティもピースしてみました。

長靴の泥が、すさまじい泥沼からの生還の跡を感じさせます。

ピースって、余裕がなくてもできるものなんですね。。w

 

終了後は、ヤクルト、ドリンク、クーリッシュアイスの差し入れが!!

美味しかったなあ~。

イーティは人生初植樹でした。自分自身を植樹しそうになりながらもw周囲の方に色々と助けていただいて、

無事少しですが山田の町づくりのお手伝いが出来て、ホッとしました。

終了後はなんか、イイことしたな~   すくすく育ってくれよ!

とさわやかな充実感が心から湧いてきました。

  

★今回の植樹作業の様子は、公益財団法人 鎮守(ちんじゅ)の森のプロジェクト様のHP内でご紹介されていますので、

ぜひご覧になってみてください↓↓

●「いのちを守る森づくり、植樹祭in山田町2022」を開催しました!

https://morinoproject.com/archives/7161

★TFMの番組でも、今回の山田町の植樹作業の様子が取り上げられます!

●TOKYOFM   「いのちの森」    毎週日曜    5:30-5:55  

※9月11日のオンエアで取り上げられるようです。radikoでも聞けますので、ぜひ聴いてみてくださいね。

https://www.tfm.co.jp/forest/index.php?catid=1564

 

私とRIKAKOさんの三陸ボランティア夏旅は、以上にて終了しました。

コロナ禍でなかなか友人・知人とのコミュニケーションも取りにくいこの頃ですが、こういったボランティアの思いあふれるイベントがあると、誘いやすいし、行ってみようかな~、という気分になります。

また、アウトドアなのもイイですね。綺麗な空気に触れるとリフレッシュできます。

三陸地域は、人も少ないので(ちょっと自虐的・・)、だからこそ、どこに行くにも快適なことは間違いありません・・!

ぜひ皆さんも、三陸地域に遊びに来てくださいね♪

 

※注意    各自コロナ対策はしっかり行いつつ、施設等では決まり事を守っていただき、安心安全第一に楽しみましょう。

 

 

★さんりく旅しるべ博2022  開催中!★

2022年9月1日~10月31日まで

https://sanriku-travel.jp/sanriku-expo-2022

お問い合わせ

大槌町・山田町を巡る旅 フォトレポート <大槌町・山田町>

  • 公益財団法人さんりく基金三陸DMOセンター
  • 住所: 岩手県盛岡市内丸10-1  岩手県商工労働観光部 観光・プロモーション室内
  • 電話番号: 019-629-5572
  • Email: info@sanriku-travel.jp

近隣のスポット