三陸鉄道を活用した沿岸周遊促進業務トライアルツアー【南部編】 取材レポート <No.2>

  • 陸前高田市
  • 施設

こんにちは。三陸DMO@イーティです。

2月下旬に、さんりく基金が実施した「三陸鉄道を活用した沿岸周遊促進業務トライアルツアー【南部編】」にいち参加者として同行させて頂きました♪

取材レポート第一弾に引き続き、第二弾です!

 

◇参考◇ 第一弾  https://sanriku-travel.jp/fun/area_report/p4029/

 

 

<三陸鉄道を活用した沿岸周遊促進業務トライアルツアー【南部編】>

 

②鶴亀寿司(陸前高田市高田町)      三陸寿司握り体験 

【現地ガイド対応者: 店主  阿部 様】

陸前高田市内にあるお寿司屋さん・鶴亀寿司さんにて、自分でお寿司を握って、食べる体験があるとのことで早速参加してきました。

参加者のテーブルには、それぞれ米の入ったおひつ、寿司ネタを置いたお皿、酢の入った容器などが置かれてありました。阿部店主から、お寿司の握り方を教えて頂き、各自取り組みました。気分はなんちゃって、お寿司屋さん。試行錯誤しながら、なんとか形になったようです。

お寿司をお皿に並べて完成。各自自分で作ったお寿司を頂きました。なんと、店主から復興支援に対する感謝状も!恐縮です・・・寿司握っただけですけどww

集合写真の際には、カラフルなテープをご用意下さったほか、インスタントカメラでの撮影後にはすぐに写真提供下さるなど、体験全体から阿部店主の愛情を感じました。

ありがとうございました!

  

☆鶴亀寿司     

https://tabelog.com/iwate/A0304/A030403/3010476/

 

  

③元正榮北日本水産(大船渡市三陸町)       養殖アワビ見学とアワビ貝のハーバリウム体験

【現地ガイド対応者: 営業部 古川氏、社長 古川氏、バーバリウム担当者 】

最初に、事務所内で営業部の古川氏による自社商品・養殖アワビについての説明がありました。養殖は、アワビにとって海の中より快適な環境なそうです。コロナ禍の影響で、飲食店等へ供給量が減ったため、新たに通信販売用HP「三陸翡翠アワビ」を立ち上げ、通信販売事業をスタートさせたとのこと。

その後外に移動し、アワビの稚貝~3年物について、実物を見ながら説明を頂きました。殻のグリーンのマーブル模様がなんとも綺麗でした!宝石の翡翠さながらの美しさです。

体験アクティビティとして、アワビ貝のハーバリウム制作を行いました。道具、素材等はすべてご用意頂き、担当から説明を伺い、製作開始。個々の個性あふれる品が出来上がりました。

最後に、養殖アワビを酒蒸ししたものを頂いて終了です。カットされたアワビは、食べやすく柔らかくて美味でした。養殖のプレゼンから、現場見学、バーバリウム制作、そして試食までさせていただき、高級食材といわれるアワビが、グッと身近な食材に感じることができました。

少人数で楽しめる体験として、おススメです♪

視察、体験アクティビティ等のご相談は、下記までどうぞ!

 

☆元正榮北日本水産

 https://www.sanriku-hisui-awabi.jp/

  

次は、釜石市内の体験などをご紹介します。(つづく)

お問い合わせ

三陸鉄道を活用した沿岸周遊促進業務トライアルツアー【南部編】 取材レポート <No.2>

  • 公益財団法人さんりく基金三陸DMOセンター
  • 住所: 岩手県盛岡市内丸10-1 岩手県商工労働観光部 観光・プロモーション室内
  • 電話番号: 019-629-5572

近隣のスポット