三陸鉄道を活用した沿岸周遊促進業務トライアルツアー【北部編】 取材レポート <No.5>

  • 洋野町
  • 久慈市
  • 野田村
  • 普代村
  • 田野畑村
  • 岩泉町
  • 宮古市
  • 体験アクティビティ

こんにちは。三陸DMO@イーティです。

2月上旬に、さんりく基金が実施した「三陸鉄道を活用した沿岸周遊促進業務トライアルツアー【北部編】」にいち参加者として同行させて頂きました♪

取材レポート第一~四弾に引き続き、第五弾です!

 

◇参考◇ 第一弾  https://sanriku-travel.jp/fun/area_report/p3907/

     第二弾  https://sanriku-travel.jp/fun/area_report/p3916/

     第三弾  https://sanriku-travel.jp/fun/area_report/p3936/

     第四弾  https://sanriku-travel.jp/fun/area_report/p3944/

  

<三陸鉄道を活用した沿岸周遊促進業務トライアルツアー【北部編】> 

  

⑩マリンローズパーク野田玉川  (九戸郡野田村大字玉川)  坑道見学・ブレスレット作り体験

【現地ガイド対応者:ジェイプランニング 城内氏 】

城内氏によるマリンローズパーク野田玉川坑道内ガイドに参加しました。

入口には、擬人化した人形アイドル「マンガンボーイズ」が出迎えてくれました。

みんな美形で、細くて、スタイル抜群です。このマンガンボーイズ、坑道内にも多数出現しています。

それぞれに名前がつけられ、人物エピソードまで練られていました。

話を伺うと、城内氏の会社スタッフ皆さんで楽しんで考案されているようです。これは、ぜひ現地で見て楽しんでほしいです笑

 

なんてったって・・・・こんなところに、ドウモトツヨシとコウイチがいるんですよ@@ ビックリ・・!

考え抜かれたコピーも奥深いです。

 

でっかいアメジストやピンクローズ輝石といった、美しく大きい鉱石がたくさん展示されています。

綺麗なものを見ていると、癒されますね。

 

その後、村内にある手しごとや本店まで移動し、マリンローズが1個入ったブレスレットを製作しました。

ブレスレットの石は、マリンローズが高額なため1個まで使用可能で、他4点は好きな石を組み合わせて作ります。

石にはそれぞれ、「人生を開く」「精神を穏やかにする」等の意味があるとの説明書きが添えられており、

各自思い思いに石を選び、ブレスレットを完成させました。

 

 

⑪ おおのキャンパス グリーンヒルおおの(九戸郡洋野町大野)

【現地ガイド対応者:  グリーンヒルおおの 支配人 岩谷氏】

ランチは洋野町グリーンヒルおおのに移動。

八幡平ポークの塩麹炒めと純和鶏赤鶏のソテー野菜盛り合わせセットをご提供いただきました。

味はいわずもがなの美味でございました^^

セット内容そのものは、以前から館内ランチメニューとして提供されているものですが、

今回インバウンド対応として、お茶やおかず等の食器を「大野木工」製品の食器に揃えてご提供いただきました。

木材のあたたかみで統一されて、見栄えも良くなりましたね☆

 

  

⑫ おおのキャンパス木工房    箸づくり体験  (九戸郡洋野町大野)

【現地ガイド対応者:木工品担当ガイド 林郷氏 】

林郷氏によって体験内容を説明いただき、その後、材質の異なる8割程度出来上がった箸を参加者が選び、やすりかけからスタートです。

最初から作る、、となると時間もアイデアも必要なので、この段階からスタートできて助かりましたw

箸を綺麗な形に整えたら好きな文字を刻印し、ニスを含んだ布にて箸を拭きます。光沢が出たら、完成です。

その後隣接する木工品展示販売所にて、参加者各自が希望する箸入れカバーをチョイスします。

それに制作した箸を入れると、立派なお土産品になりました^^

  

 

<番外編> 今回の旅路での体験アクティビティ製作物・お買い物グッズ一覧です!

ラーメン好きなイーティいちおしなのが、「赤鶏ラーメン」&「ラーメンの千草」インスタントラーメン!

なんてったって、常温保存がOKなんです。

そのわりに味・麺は、本家をイメージするクオリティの高さ。機会がありましたら、ぜひ一度、ご賞味ください。

 

ここまで、記事をご覧頂きありがとうございました!

皆様が三陸へ旅行をご検討頂く際の、参考となればうれしいです。

レッツゴー・さんりく♪

お問い合わせ

三陸鉄道を活用した沿岸周遊促進業務トライアルツアー【北部編】 取材レポート <No.5>

  • 公益財団法人さんりく基金三陸DMOセンター
  • 住所: 岩手県盛岡市内丸10-1 岩手県商工労働観光部 観光・プロモーション室内
  • 電話番号: 019-629-5572

関連する記事はこちら

近隣のスポット